スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

低金利のまとめローン

小口で複数の借り入れを、限度額の多い「まとめローン(大口融資)」に切り換えてローンを一本化することで、月々の返済額を減額することができます。
このまとめローンに切り換えることで、多重債務の生活がとても楽になるのです。
まとめローンに換える際に気を付けることは、多くのまとめローン業者に、融資の申込みを一度にしないということです。
一度に多くのまとめローン業者に申し込みをすると「申込みブラック」となり、ほとんどの場合で、借入れできなくなってしまいます。
そのため、複数のまとめローン業者に申し込みを一度にする場合は、3件までを目安とすると良いでしょう。
必ず、融資の申し込みをする際は、「既存債務の切り換え」と伝えましょう。
おまとめローンには、多くのメリットがあります。
まず、債務総額が同じだとしても、支払い件数が複数ある場合だと、毎月支払う額が1社で借り入れるより高くなってしまいます。
これは、それぞれの金融会社で、月々支払う最低額が決められているからです。
そのため、まとめローンに借り換え一本化することで、月々支払う額を圧縮することができるのです。
また、小口の借り入れの場合、金利は高めに設定されていますが、まとめローンの場合は、低い金利を設定しているので、金利を削減することができるのです。
複数の小口の借り入れがある人は、低金利のまとめローンに早く借り換えて、将来の利息を削減して、苦しい多重債務生活から抜け出しましょう。
スポンサーサイト
記事ボトム画像

おすすめの「まとめローン」業者

「まとめローン」には、比較的金利の低い銀行系、信用販売系、消費者金融系などさまざまあります。
まずは、銀行や信用販売系のまとめローンで借り換えすることをおすすめします。
注意することは、中には、新聞や街中の広告などで、都合の良い借り換え条件を挙げ、謳い文句で誘うような、悪徳な業者も存在することを知っておいてください。
そこで、安心して利用できる、おすすめのまとめローン業者を少し紹介します。
「モビット」は、借り入れ限度額が300万円と大きく設定されており、年利は9.8%~18.0%なので、非常に利息も低いです。
また、保証人の必要がなく、パートやアルバイト、自営業の人でも手軽に利用でき、借り換えを安心して行なえます。
「ディック」パーソナルローンは、最高融資額が300万円で、新規の場合は95万円です。
また、30日間は利息が0円で、全国の提携ATMから休日時間外でも手数料無料で安心して利用することができます。
「DCキャッシュワン」は、初めて利用する場合でも300万円の融資が可能です。
また、実質年率が12.0~18.0%となっており、しかも最少で2,000円から返済が可能なので、今の借金を借り換えれば、毎月支払う返済がかなり楽になりますよ。
「三井住友銀行グループ」アットローンは、限度額が300万円で、最短30分で融資可能です。
自動審査でスピード申込みなら、たった5秒で回答されます。
また、パートやアルバイトの人でも、安心して借りられます。
まとめローンで借り換えて、借り入れを1つにすることができたら、収入がアップする方法を考え、完済するまで根気よく返していきましょう。
記事ボトム画像

「団体信用生命保険」について

ほとんどの場合、住宅ローンを組むと同時に、条件として生命保険に加入すると思います。
これは「団体信用生命保険」と言い、通称「団信」と呼ばれています。
「団信」とは、住宅ローンを返済している途中で、死亡したり、高度障害になったりした場合に、生命保険会社が本人の代わりに、住宅ローンの残高分の保険金を、金融機関に対して支払うという制度です。
団信は、比較的掛け金も安くて、また加入時の年齢に関する条件に差がなく、多くのメリットをもった保険です。
残された家族のためにも、非常に重要となる保険です。
万が一、一家の大黒柱を亡くした場合や、高度障害状態となってしまった場合でも、貸し手の金融機関に対して、死亡保険金が支払われることで、借入金が消滅することになります。
団信への加入については、銀行などが扱う民間ローンでは、強制加入となっています。
保険料は、利息から当てられるので、別に保険料を準備しなくても良いです。
公庫については任意加入となっているので、保険料の支払いが別途必要になります。
たとえば、ローンの返済額が年間100万円の場合、保険料は2,810円と安く、しかもローンの残高に従って保険料は減っていきます。
注意が必要なのは、本人が死亡したとしても、住宅ローンを延滞している場合は、団信の契約がすでに失効していることがあります。
銀行などの民間ローンの場合、住宅ローンの利息から保険料を充当しているので、長期の延滞が続いている場合は、保証会社が代位弁済を銀行にした時点で、団信の保証がなくなってしまうのです。
記事ボトム画像

「利息制限法」について

借金の金利は、「利息制限法」という法律で制限されています。
正確には、利息制限法は、借金の利息の限度を制定するもので、一定以上の高い金利を設定することは禁じられています。
定められた金利を超えた分は、無効になります。
一般的に、消費者金融では「年利29%」と設定されているようです。
たとえば、消費者金融と契約して150万円借りたとすると、1年間で利息29%なので、43万5千円支払うことになります。
借金を1年間で返済し終わったとすると、返済総額は143万5千円になります。
ところが、利息制限法では、100万円以上の借り入れは、年利15%までしか認められていないのです。
(借入額が10万円未満の場合、金利の上限は年利20%、10万円以上100万円未満は年利18%、100万円以上は年利15%と制定されています。
) つまり、消費者金融においても、150万円の借り入れに対しは、22万5千円までしか利息を付けてはいけないのです。
それなのに、年利29%の利息にあたる43万5千円を支払うということは、利息14%分の21万円を余分に支払ってしまったということを意味します。
でも、どうして消費者金融の多くは、利息を29%程度と、高い金利を設定して、堂々と営業をすることができるのでしょうか。
それは、「貸金業規制法」によるもので、借り主が自分の意思で支払うのならば、利息制限法を違反した金利で設定しても、有効となってしまうのです。
記事ボトム画像

利率を知っていますか?

あなたは、自分が何件から借り入れているのか、また、その利率はどれだけかということを、しっかりとわかっていますか? 貸し手の多くは、顧客に借り入れ利率について、なるべく気づかないように、書類で目立たないようにして書いてあります。
特に、カード会社でキャッシングする際は、一度契約の時に見る程度で、その後は、利率を気にすることなく、口座から引き落とされていくだけです。
借り手の中には、利息に関して、ほとんど気にしないで、実際の借り入れ状況を把握していない人もいるでしょう。
もし、利息がわからないという人は、自分で電話やインターネットで調べることで、把握するしか方法はありません。
カードの利率がわからないのなら、カードの裏面に書かれている電話番号にかけてみましょう。
音声ガイダンスに従う場合がほとんどだと思うので、係員につないでもらって、利率を教えてもらってください。
リボ払いの場合では、小額の返済なので、いくら借金があるのかもわかっていない人がいます。
知らないうちに、高い利率で引き落とされていることもあるのです。
それはとても危険なことので、必ず、電話などで確認してください。
また、借金が増え続けて手が付けられないような段階になる前に、自分の借金の状況を把握することは、解決に近づく第一歩となるはずです。
今は小額の借金の人も、危機性を意識するために、自分の借金をひと目で把握できるような表を作っておくと良いでしょう。
記事ボトム画像

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。