スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

「多重債務者」になる原因

どうして、何ヶ所もの金融業者から借金をして、「多重債務者」となってしまうのでしょうか? 多くの多重債務者は、初めはテレビCMなどで名前が知られているから安心だろう、という理由で大手の消費者金融から借りていきます。
そして、4、5件借りて借り入れ金額が増え、そのうちに、大手では借りられなくなります。
そのため、あまり知られていないマイナーな消費者金融で借りることになります。
しかし、金額がどんどん増えてくると、どこでも借りられなくなります。
そうなると、ヤミ金で借りるか、自己破産することになります。
多重債務者となってしまう人は、借り方をどこで間違ってしまっているのでしょうか。
収入よりも支出の方が多く、借金を繰り返してしまった生活が最も悪いのですが、有名な大手金融業者から借りていったことが、間違いだとも考えられます。
なぜなら、最初に消費者金融で借り入れをすると、銀行やカード会社で借りるのが難しくなってしまうからです。
銀行や労働金庫(労金)で審査が通っていた人でも、消費者金融で借りてからは、通らなくなってしまうことが少なくありません。
金融業界では、「金利」が商品価格を意味します。
それなのに、多くの人が、金利について無関心だと思います。
消費者金融の金利というものは、高いのが当たり前だから、と考えているのでしょう。
そして、大手の消費者金融を選ぶのは、名前が知られているから安心、という単純な考えだけだと思います。
金利を気にせずに、名前だけを優先して、大手の消費者金融で借りるのでしょう。
しかし、大手だから安心、という考えは間違っています。
返済できないのであれば、必ず取り立てされます。
名前だけで選ぶのではなく、「金利」という商品価格をよく確認するようにしましょう。
記事ボトム画像

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。