スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

給与振込口座を確認

たいていの会社では、給与は、郵便局や銀行などの口座に振り込まれると思います。
もし、金融業者への返済を、銀行などの口座から自動引き落としにしており、それと同じ口座に、会社からの給与が振り込まれている場合は、給与の振り込み口座を、事前に変更する必要があります。
また、預金がその口座に残っている場合は、残高をゼロにしておくか、口座を解約しておいた方が良いでしょう。
弁護士に債務整理の手続きを依頼した場合は、金融業者への返済は止まります。
しかし、銀行などの口座から、自動引き落としで返済している場合は、手続きを依頼した後だとしても、引き落としされる口座に、返済額以上のお金が残っていると、勝手に引き落として債務に充当されてしまう場合があるのです。
このことを、法律的用語で「相殺」と呼ばれています。
給与の振り込み口座を変更しない限り、毎月、給与がその口座に振り込まれるたびに、相殺されてしまうことになるので、日常の生活において、大きな支障となってしまいます。
相殺は禁止されており、弁護士から債権者に対して、引き落としした金額の返還を要求し、本人に全額戻りますが、やはり、債務整理手続きを行なう際は、銀行などの自動引き落としで返済している業者がないかを、よく確認するようにしてください。
もし同じ口座であるのなら、すぐに給与の振り込み口座を変更して、その口座にはお金を入れないでおくか、解約することをおすすめします。
記事ボトム画像

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。