スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

弁護士に依頼するメリット

弁護士に債務整理手続きを依頼すると、もちろん弁護士費用が必要になります。
費用をかけてでも、弁護士に依頼するメリットとはどんなことでしょうか? まず、「自己破産」を依頼する場合のメリットです。
弁護士が代理人となると、「即日面接」が利用できるので、自己破産の申し立てを開始してから、免責決定が下されるまでを短期間でできます。
また、自己破産の手続きでは、弁護士が同行して免責審尋(裁判官との面接)を行なうので安心です。
「任意整理」を依頼する場合のメリットは、利息をカットできることです。
今後は元金だけを返済する趣旨の和解契約を結ぶので、借金の額が、毎月支払った分だけ必ず減っていきます。
また、取引の内容によっては、借金額が減ることがあります。
さらに、毎月弁護士が、各業者に支払ってくれるので、本人は月々の返済額を弁護士宛に入金するだけで良いです。
「過払い請求」を依頼するメリットは、業者とのやりとりすべてを、代理人として弁護士が行うので、手間と時間を省くことができます。
また、裁判となった場合でも、本人が裁判所に出向く必要はありません。
「個人版民事再生」を依頼するメリットは、膨大な量の書類を、全て弁護士が代理で準備してくれます。
また、裁判所へ提出する書類は、確実に期限を守るので、安心して進められます。
さらに、住宅ローン業者との交渉も、弁護士が代理人として行なってくれます。
このように、弁護士に依頼することで、業者との全てのやりとりを代理で行なってくれるので、業者からの取り立てや連絡などに怯えることがなくなり、安心して生活を送ることができるようになります。
記事ボトム画像

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。