スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

恐ろしい悪徳業者

よく街中で見かけたり、郵便受けに入っていたりするチラシで、「借金を一本化」「低金利で楽々返済」「即日融資OK」など、消費者の味方を強調しているようなものは、まず悪徳業者だと思っても間違いないでしょう。
つまり、俗に「ヤミ金業者」と呼ばれるものです。

ほとんどの悪徳業者は、貸金業の登録をしていなかったり、登録をしていたとしても、出資法で定められた上限の29.2%以上という高い金利を設定したりして、営業を行っているのが現状です。

ヤミ金業者の利益というのは、多くが暴力団の資金源となっているようです。
つまり、暴力団やそれに関係している組織によって、営業が行なわれているということです。

チラシなどの過剰な宣伝文句に釣られて、悪徳業者で借金をしてしまうと、どんどん借金が膨れ上がっていき、最悪の場合、過酷な取り立てに耐えられず、自殺にまで追い込まれてしまうこともあります。
どんなにお金に困っていても、決して、怪しい業者には、手を出さないようにしましょう。

また、中小企業にとって、資金を調達することは、非常に大変なことです。
中小企業に対して、銀行は、新規の融資を控えたり、融資の継続を打ち切ったりする傾向にあります。
そのため、中小企業は、銀行から資金を十分に供給することができなくなり、倒産にまで追い込まれてしまうケースもあります。
そして、資金をどうしても調達することができなくなり、銀行以外の金融機関の「ノンバンク」や、無担保で融資が早い「商工ローン」を利用するようになります。

このような「ノンバンク」などにおいても、悪徳業者が多く潜んでいるのです。
悪徳業者は、金利が非常に高く、返済が追いつかなくなることにつけ込んで、さらに別の悪徳業者が、融資を勧めてきます。
悪徳業者の間では、顧客リストを共同所有し共有しているのです。
そして、その背後には暴力団が関わっているわけです。

もし、このような業者に関わって、困っているのならすぐに弁護士に相談しましょう。
悪徳業者やヤミ金に関する問題を得意としている弁護士もいるので、弁護士会などに相談してみてください。
記事ボトム画像

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。