スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

ブラックリストとは

カード会社の多くが、顧客の借り入れの情報を、まとめて管理するというシステムに登録をしています。
そこには、顧客の氏名や住所といった基本的な情報から、借り入れの状況、支払いを延滞しているか、または、延滞をしたことのある場合は、その事実が登録されるのです。
つまり、ある1つのカード会社で支払いを延滞したとしても、他の会社でも、すぐに調べてその事実がわかってしまうようになっているのです。
そのため、他のカード会社で支払おうとしても、延滞をしている、または、これまでに延滞したことのある人に対して、カード会社はとても慎重な対応をとります。
たとえば、低めに限度額を設定したり、新しくカードを作ることをできなくしたりします。
このように、システムに、顧客の支払い状況が登録されることを、「ブラックリスト」と言います。
また、カード会社の顧客に関する情報を、一括して管理する会社を「個人信用情報機関」と言います。
その代表的なものには、「(株)シー・アイ・シー」、「(株)シーシービー」、「(株)テラネット」などがあります。
「ブラックリスト」に登録される期間は、契約期間中はずっと登録され、カードの契約を終了しても、その後の5年間は、契約期間中の延滞など支払いに関する情報が、全部登録されています。
そのため、その期間は、ほとんどのカード会社が、すぐにその情報を照会できるのです。
また、債務整理を弁護士に依頼したことも、ブラックリストに載ることになります。
記事ボトム画像

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。