スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事ボトム画像

ブラックリストとは

カード会社の多くが、顧客の借り入れの情報を、まとめて管理するというシステムに登録をしています。
そこには、顧客の氏名や住所といった基本的な情報から、借り入れの状況、支払いを延滞しているか、または、延滞をしたことのある場合は、その事実が登録されるのです。
つまり、ある1つのカード会社で支払いを延滞したとしても、他の会社でも、すぐに調べてその事実がわかってしまうようになっているのです。
そのため、他のカード会社で支払おうとしても、延滞をしている、または、これまでに延滞したことのある人に対して、カード会社はとても慎重な対応をとります。
たとえば、低めに限度額を設定したり、新しくカードを作ることをできなくしたりします。
このように、システムに、顧客の支払い状況が登録されることを、「ブラックリスト」と言います。
また、カード会社の顧客に関する情報を、一括して管理する会社を「個人信用情報機関」と言います。
その代表的なものには、「(株)シー・アイ・シー」、「(株)シーシービー」、「(株)テラネット」などがあります。
「ブラックリスト」に登録される期間は、契約期間中はずっと登録され、カードの契約を終了しても、その後の5年間は、契約期間中の延滞など支払いに関する情報が、全部登録されています。
そのため、その期間は、ほとんどのカード会社が、すぐにその情報を照会できるのです。
また、債務整理を弁護士に依頼したことも、ブラックリストに載ることになります。
記事ボトム画像

間違ったキャッシングの利用法

「お金が少し足りないから、キャッシングにちょっと頼ってしまおう」と、キャッシングによって毎月ピンチをしのいでいる人がいます。
そのような人は、お金が足りなくなった原因はなんだったのか、忘れてしまっている人がとても多いようです。
ほとんどの場合、多重債務の始まりが、このような借り入れに対する安易な考えからのようです。
誰でも始めは、自分が多重債務者になるとは決して思ってはいないでしょう。
ちょっとだけだから、と何度も借り入れを繰り返し、「自転車操業」状態の人は、非常に多いのが現状です。
分割で購入したショッピングが、思っていた以上に返済額が大きくて、給料だけでは返せなくなってしまったから、クレジットカードのキャッシングで借り入れて返済する、という流れが当たり前のようになってしまいます。
次には絶対全て返済できる、次はきっと・・・と。
次でも返すことができないから、キャッシングで借りることで返済し、また返せずにキャッシングしてしまう、という繰り返しで、借り先を1~2社、そして3社4社と増やし、気づいたときには多重債務となっているのです。
特に、注意が必要な人は、キャッシングの厳しい返済を「便利」だと捉えているような人です。
はじめてキャッシングしたときは緊張したり、ためらったりしたはずですが、その感情も次第に薄れ、お金を借りるということに慣れてしまいます。
お金を後払いで借りられるカードであるのに、銀行のキャッシュカードと同じような感覚で、使ってしまうのです。
つまり、借り入れは出金で、返済は入金するといった感覚になってしまうのです。
ここまでくれば、借りるという感覚が、完全に麻痺してしまっています。
キャッシングがあるから大丈夫、という考えは絶対にやめましょう。
記事ボトム画像

カード多重債務にならないために

最近では、クレジットカードを使い過ぎることによる、多重債務や自己破産が急激に増加しています。
クレジットカードはとても便利なものですが、使い方を誤ったり、乱用したりすると、非常に危険なものになってしまいます。
カード多重債務にならないために、次のことを参考にして、計画的に使ってください。
・クレジットカードは、3枚以上は持たないようにしましょう。
・よく会員規約を確認して、カードの契約に関する詳しい知識を身につけましょう。
・なるべくカードでは買い物をしないようにしましょう。
・カードをしっかり管理し、紛失や盗難の際は、対応の仕方を確認しておきましょう。
・クレジットカードでのキャッシングはなるべくしないようにしましょう。
・クレジットカードでのショッピングをした場合は、必ずその金額と支払日をチェックしてください。
・ショッピングローンの手数料やキャッシングの利息、また遅延損害金についても知っておきましょう。
・他人にカードを貸してはいけません。
・カードの返済ができないからといって、別のカードを新しく作ることはやめましょう。
・カードに関してトラブルが起きたときのために、相談できる機関を調べておくと良いです。
クレジットカードを利用するということは、借金をするのと同じようなことだと言えます。
しかし、借金をしているという感覚がないままで、利用することができてしまう点が、クレジットカードの注意すべきところです。
クレジットカードを利用する際は、自身が十分に検討し本当に必要であるか考えた上で利用するようにしましょう。
記事ボトム画像

««BACK  | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。